Last update 2016.03.03

「津久井湖の歴史」を語る津久井湖記念館・資料室などご家族やお仲間同志でお気軽にご来園ください。




平成27年度津久井湖記念館フォトコンテスト(第4回)入選作品
*表彰式は316日(水)午前10時30分からとなります。
*1階ロビーにて全応募作品を展示いたします。  期間:
316日(水)〜4月4日(月)まで 。

健康増進のための「テニススクール(無料)」のご案内
生活用具展示・写真及び解説パネル の展示。
会議や研修・習い事にご利用いただける施設完備。
★会議室料金のご案内
津久井湖レークテニス お気軽にご利用ください。
★テニスコートご利用料金のご案内 ★テニススクール
【開館時間】9:00〜17:00/火曜日定休
平成27年度津久井湖記念館フォトコンテスト
(第4回)入選作品。 
 表彰式のご案内

 ■公共の交通機関をご利用の場合
    
JR横浜線・京王帝都相模原線「橋本」駅北口より神奈中バス
    「三ヶ木」行にご乗車いただき(20分)、
      「城山高校前」にて下車、徒歩2分

  ■お車の場合
    国道16号西橋本交差点から津久井街道(国道413号)を
     津久井方面へ約15分 

    *ご不明な場合はお問合せください。TEL.042-782-2414
 

     
     



 

津久井湖記念館の歴史は、神奈川県が昭和28年に発表した城山ダム築造計画に始まります。城山ダム築造計画は、神奈川県と横浜、川崎、横須賀の3市による共同事業で、神奈
川県はじまって以来の一大事業でありました。

私達水没地域住民は、県の計画に対し、自らを守るための水没者組織をつくって、事業の
撤回を要請し、8年半にわたってダム建設反対を叫び続けてきました。しかし、昭和36年8月、私達は神奈川県民の水需要に応えるため、先祖伝来の墳墓の地を離れる決心をした
のであります。
それは、多年にわたる補償交渉の最後に、水没者の将来における生活の安定、向上を図
るため「城山ダム建設に伴う総合施策要網」が県から示されたからにほかなりません。
このことにより、昭和36年11月城山ダム築造は工事が開始され、昭和40年3月に完成を見
るに至りました。
そして1年を経た昭和41年3月、県によって当記念館が建設されたものであります。
 
当館の運営については、県と種々協議を重ねた結果、水没者の共済事業も合わせて「財団法人神奈川県津久井湖協会」を設立して行うことになり、この協会の設立準備が県企業庁と城山ダム移住者振興協議会とにおいて進められました。
昭和41年3月31日、県知事から協会設立が許可され、ここに総合施策要網に基づく記念館と共同事業がスタートするに至ったものであります。
   


〒252-0116神奈川県相模原市緑区城山2-9-5
TEL.042-782-2414


無断転用禁止